集中力 持続 訓練

集中力を持続させる訓練の方法とは?

スポンサードリンク

皆さんは集中力が続く方でしょうか?
中には、あまり集中力が続かなくて悩んでいる人もいるかもしれませんね。

 

何かの練習や勉強、何かを達成するとしても、それらの行動時の集中力に物事の成否が大きく左右されると言われています。
しかしながら、自分の集中力が一定でないことで、多くの人が戸惑いを覚えるのでしょう。

 

ある時には集中して良いパフォーマンスを発揮できるのに、ある時は集中できなくてまったくパフォーマンスを発揮できなかったという時があります。

 

今回は、この集中力を持続させる訓練の方法について紹介していきます。

 

まず最初に、1つの物事に集中するということです。
あなたは、漫画を読みながらテレビを見て、さらに音楽鑑賞をすることが出来るでしょうか?
まずそんな真似ができる人はいないでしょう。

 

このように、複数のことを同時に行ってしまうと、それぞれの内容を把握しなくてないけなくなるため、次第に集中力が削られてきます。
そうなってしまうと、集中が全くできなくなるので、行うことを一つに絞り、順番に行っていくなどして、一つの物事に集中するようにしましょう。
スポンサードリンク

次に、体調管理をしっかりするということです。
体力がなくて集中力がすぐ切れてしまう、風邪を引いた状態で仕事をしていても全然集中できない、など、身体の状態によって集中できるかどうかが決まってきます。どんなに優れた人でも体の調子が悪ければ、集中力が全く続かない状態になってしまいます。

 

そうならないためにも、日頃から体調に気をつけ、ストレッチや睡眠を十分にとって、身体の調子を整えておくことが重要です。
それが無気力をなくし、集中力の向上につながります。

 

そして最後に、自身の自制心を操るということです。
集中力があるということは、言い換えると雑念の排除に成功しているということです。
そしてこの雑念の排除には、自制心を発揮しなければなりません。

 

しかし、この自制心、つまり我慢力とも言えるものは、私達の日常生活の中で消耗していってしまいます。
特に日頃から我慢することが多い人は、早くに自制心が減っていってしまうので、集中力が散漫になってしまいます。

 

ですので、そうならないためにも、自分の自制心を解放し、余裕を持たせてあげることを、集中したい場面の前に入れることが重要です。
自分のしたいことをして、自制心を蓄えてから、やることに取り組むようにしましょう。

 

ほかにも様々な方法がありますが、これらの紹介したことを今後は活用して、ぜひあなたも集中力の持続時間を伸ばしてみましょう。
スポンサードリンク