集中力 続かない 病気

集中力が続かないのは病気のせいかも?

スポンサードリンク

最近なぜか集中力が続かなかったり、落ち着かなくなってしまったという人はいませんか?
体か疲れてしまってたり、不安なことがあったりしてそうなってしまう人も中にはいるでしょう。
ですが、もしかしたらそれはある病気の症状かもしれません。

 

皆さんは、最近「ADHD」という単語を聴いたことがあるのではないでしょうか?

 

ADHD(Attention defficit hyperactivity disorder)とは、日本語で「注意欠陥・多動性症候群」という病気です。
この病気は、大人になって初めて気づく人も中にはいるようです。

 

この病気の特徴には、「よく考えずに、思いついたことを即座に行動に移してしまう」、「落ち着きがなく、じっとしているのが苦手」、「気が散りやすく、集中力が続かない、忘れっぽい」などの症状が見られます。

 

ADHDは、これらの症状が特徴である発達障害のひとつであると言われています。
このADHDに罹った患者さんの多くは、授業中などで、自分の席にじっとして座ってられない、など小学校入学前後の社会的なルールが多くなってくる時期に診断を受けることが多いようです。

 

しかし最近になると、日常生活や職場の中で支障をきたしてしまうという理由で、病院へ診断を受けにくる大人の人たちも多くなっています。

 

ADHDの主な症状には、個人差があるものの、以下のような3つのグループに分けられます。
まず最初に、
・授業中に立ち歩くなど落ち着きがない
・大声をだしてしまったり、ちょっとしたことで相手に手を出してしまう
などの、衝動性・多動性が目立ってしまう症状のグループです。

 

これが大人になったときには、
・誰かとおしゃべりを始めてしまうととまらない
・すぐに相手に対して思ったことを口にしてしまう
などの症状として現れます。
スポンサードリンク

次に、不注意が目立つ症状のグループです。
これは、
・集中力が続かなく、気が散りやすい
・片づけが出来ない
などの症状が出ます。

 

これが大人になった時には、
・時間管理が苦手になる
・順序立てて仕事を行うことが出来ない
などの症状で現れます。

 

最後に、混合した症状のグループです。
・上二つの衝動性・多動性、不注意の両方の特徴を持っている
・人によって、どちらかの症状の現れ方の度合いは異なる

 

これかの3つの大きなグループに分けることが出来ます。

 

上記に挙げた症状が当てはまる、かつ、日常生活や仕事に支障を来たすのであれば、病院で診てもらうことをおすすめします。
大人であれば、まず最初は精神科を受診しましょう。
子供であったら、児童精神科、もしくは、小児科を受診するようにしましょう。
スポンサードリンク