集中力

勉強の集中力を上げる効果的な食事の取り方とは?

スポンサードリンク

学校で学んでいる時も、社会に出て働いている時も、日々様々なことを学び、自分を成長させていくことが大事ですよね。

 

しかしながら、実際に勉強しようと思っても、なかなか勉強に集中できなくて、勉強が続かなくなってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

私も高校時代に、試験前日であるにも関わらず、気分が乗らず集中できないために、全く勉強が進まないということがあって、内心焦っていたことを覚えています。

 

そういった時に、勉強の効率を上げてくれる効果的な食事の取リ方があるんです。

 

みなさんも、昼食の後や夕食の後に、仕事や勉強をしようと思ったら、強烈に眠気が襲ってきてしまった経験ありますよね。
食事を取ると、胃で食べ物を消化しようと血液が集中するため、脳への血液が行き渡らなくなるので、集中力が散漫になってしまいます。
大体食後集中力がなくなってしまう時間は1時間ほどと言われています。

 

食事を摂ったあとに、ボーっとしてしまうのはこれが原因なんですね。
そんな状態では、勉強や仕事ができるはずもありません。
スポンサードリンク

さて、これらを踏まえて、集中力を高めるための食事の方法を説明していきたいと思います。

 

まず最初に、食べ過ぎないということです。
例えば、1日3食食べている人は、3食分を4回に分けて食べます。
こうすることで、1回に取る食事の量を減らすことができ、消化にかかる負担を減らすことが出来ます。
その他にも、1回の食事の量を少なくすることで、負担を減らす方法があります。
また、その時に、よく噛んで食べることも効果的です。そうすることで、効率よく消化ができるため、血液が胃に集まること防ぐことが出来ます。

 

次に、それに続いて、食事の品目をご飯と野菜を中心としたものにするということです。
こうすることで、消化がされやすいため、胃への負担も少なくなります。

 

そして最後に、勉強の時間を食後にしないということです。
例えば、いつもは食後に勉強をしていたものを、間に入浴の時間を設けるなどして、勉強する時間を眠気が襲ってくる時間外に設定するんです。
こうすることで、食後の眠気から開放されて、集中して勉強出来ます。
さらに可能なら、食事の前に必要な勉強を済ませてしまうのが、一番効果的ですね。

 

以上のことを踏まえて、集中力を上げたいときは、食事の方法を工夫してみてくださいね。
スポンサードリンク