発達障害 集中力 トレーニング

発達障害の人が集中力を高めるトレーニング法とは?

スポンサードリンク

発達障害とは、どんなものかご存じでしょうか?
時々耳にすることもありますよね。

 

発達障害とは、自閉症やv注意欠如・多動性障害、アスペルガー症候群など、いくつかのタイプに分類される障害のことです。
これは厳密には病気ではなく、障害が脳の一部の機能に生まれつきあるために起こるものです。何種類かの発達障害が同じ人に出ることも珍しくなく、そのため人によって個人差が様々なのが発達障害の特徴です。

 

そんな発達障害ですが、実は治療や薬を使わずとも、障害を克服し、集中力を向上させることが出来ます。
その方法とは、脳をトレーニングによって鍛えるということです。
そうすることで、記憶力やIQ、集中力が向上します。それだけでなく、脳の基礎能力もトレーニングによって向上させることも出来ます。

 

脳を鍛えるには、脳波を使った脳のトレーニングというものがあります。
それによってトレーニングが必要な部分に、必要なトレーニングをピンポイントで行うことが可能になります。
スポンサードリンク

そしてそのトレーニングの効果は、一生続くものでもあります。
一度トレーニングによって能力を身につけると、その後も自然と使っていくようになるので、強化されるからです。

 

そんなトレーニングの中で、家でもできる簡単なトレーニング法とは、子供が好きなアニメを1日20分間見せてあげることです。
そしてそれを30回毎日のように続けてあげるだけです。
それだけで、脳のトレーニングになり、発達障害があっても、集中力やその他の能力も向上させることが出来ます。

 

そうして、トレーニングを積んでいくと、次第に集中力も持続するようになってきます。
すると、ひとつの物事に集中できない人や、自分の席をすぐに立って教室を歩きまわってしまう子であっても、次第に落ち着いて行動できるようになっていきます。
人によっては、このアニメを見るトレーニングをするだけで、別人のように変わってしまったという人も中にはいます。

 

だからこそ、発達障害だからと落ち込むことなく、こうしたトレーニングを積んでいって、集中力を向上させ、よりよい生活にしていってあげましょう。
スポンサードリンク