本 集中力 続かない

本で集中力が続かない時に本を読むコツとは?

スポンサードリンク

あなたは読書をすることがありますか?

 

読書家の方だと、1ヶ月に何冊も本を読む方も多いですよね。
中には、学校の課題で、本を読んでレポートを書くものが出される学生もいるでしょう。

 

私も読書が好きで、月に1冊程度本を読みます。本の内容が面白いとついついのめり込んでしまいますよね。
私自身は、まだ集中して読書を続けることが出来ます。

 

しかしながら、人によっては10分くらいで本を読んでいても集中力が切れてしまう人や、年齢の影響で集中力が続かなくなってしまった人もいるのではないでしょうか?
そんな時に、集中して本を読む方法をお伝えします。

 

まず最初に大事なのは、焦らないことです。
趣味で本を読む人はあまり関係ないかもしれませんが、課題で本を読む人などは、締め切りもあるので、ついつい焦ってしまいますよね。
スポンサードリンク

しかし、集中力はもともと長時間続くものではなく、途中にリフレッシュの時間を取り入れてあげないとすぐに続かなくなってしまうものです。

 

そうするためにも、時間的なあたりをつけられるように、余裕のあるうちに集中力に関係なく本を読んでみて、読み終わる当たりをつけておくことも重要です。

 

また、自分の集中力が続かないからと不安になってしまうと、余計に集中力が続かなくなってしまいます。

 

人によっては加齢の影響で続かなくなってしまっている場合もあるので、下手に焦ったり不安になる必要はありません。

 

そして、本を読んでいる時に眠くならないように、十分な睡眠を取るということです。
どうしても睡眠時間が不十分だと、本を読んでいるタイミングで眠気が襲ってきてしまい集中力が続きません。

 

また、それが続いてしまうと睡眠不足の悪循環が際限なく続いてしまって、本を読むどころではなくなります。
特に読書は、頭の中で本の場面をイメージする場面も多くなるため、眠気があるとなかなか本の内容にも入りづらくなってしまいます。
そうならないためにも、睡眠は十分にとっておくと、読書も楽しくなりますよね。

 

読書を集中して楽しみたいときは、適切な睡眠時間を取りつつ、リラックスした状態で無理せず読むように心がけてみましょう。
スポンサードリンク