集中力 食べ物 夜

夜に集中力を持続させるには食べ物を我慢しろ!?

スポンサードリンク

あなたもよく夜遅くまで勉強や仕事などで作業することがあるでしょう。
試験勉強や残業があったりすると、どうしても夜遅くまで作業することも多くなりますよね。

 

そんな夜の時間帯になってくるとなかなか集中力も続かなくなってきます。

 

私も比較的夜型の人間なので、どうしても夜の作業が多くなってしまいます。
さらに学校からの課題があったりすると、真夜中までパソコンに向き合っていることも多いです。

 

そうした夜のなかなか集中力が続かない時に集中力を続かせるには、食べ物を我慢することがオススメです。

 

夜遅くまで作業していると、どうしても夕飯から時間も空いてしまい、お腹が空いてしまいますよね。
私もよくそういった状態になってしまうのですが、ここで空腹を満たすためにご飯を食べてしまうと、その後に集中力が続かなくなってしまいます。

 

その理由の一つが、消化にエネルギーが使われてしまうからです。

 

私達の体は、ごはんを食べると胃で消化をしようと胃の動きが活発になるので、血管を流れる血液が胃に集中します。

 

すると、脳に流れていた血液も胃の方に流れていってしまうため、脳の動きが鈍くなり、眠気が襲ってきます。
ご飯を食べてから消化が完了するまでは、だいたい1時間程度かかるため、その間はこの眠気と戦うことになるんですね。

 

そうすると絶え間ない眠気によって集中力も落ちてしまいます。
スポンサードリンク

また、深夜に食べ物を食べてから寝ようとすると、体の中では胃が消化活動を行っているため、体が活動した状態になります。

 

すると、寝付きが悪くなってしまうので、どうしても眠りが浅くなります。
そうなってくると、起きてからも眠気が取れなくて、勉強や仕事で作業している時も、集中力が散漫になる、ミスの原因にもなってしまいます。

 

ある研究結果には、夜10時以降に食べ物を我慢した人のほうが、夜中の2時頃に食べ物を食べた人より、睡眠の質が上がり、集中力も高まり、作業での反応も早くなったというものもあります。

 

そうしたことからも分かるように、夜に食べ物を食べるのは、なるべく我慢するようにすると集中力が続くようになります。

 

ですが、どうしてもお腹が減って仕方がない場合は、小さなチョコレートなどで気を紛らわすなどして、なるべく胃に食べ物を入れないようにしましょう。
スポンサードリンク