子供 集中力がない 理解力 発達障害

子供に理解力や集中力がないのは発達障害のせい!?

スポンサードリンク

発達障害という病気をご存知でしょうか?
おそらく多くの人が聞いたことのある病気だと思います。

 

子供に多い病気として、発達障害が挙げられるくらい、多くの子供が発達障害になっています。
一般的に、子供の発達障害は、発達に問題がある子供は全員発達障害に含まれると言います。

 

私の親戚にも発達障害をもつ子がいるので、私自身は身近な病気だと感じています。
もしかしたら、子どもに理解力や集中力がないのは、単にそういう子供なのではなく、発達障害の可能性があるんです。

 

発達障害自体は、領域としては様々なものが含まれますが、知的な発達の部分に問題があることを指すことが多いです。

 

また、様々なものが症状にありますが、発達の内容に偏りがあったり、発達が遅くなる精神遅滞など、知的な発達と一言で言っても様々な病気を含んでいます。
これには、多動症やADHDなど、注意が集中できないような病気が頻度の高い病気として含まれています。
スポンサードリンク

その他にも頻度の高い病気には、学習障害も含まれることがあります。

 

この学習障害には、ある特定の偏りが学習に出ているすべての子供を指すので、かなりの数に昇ってしまいます。
実は、今までは病気として取り上げられていなかっただけで、きちんとした医療機関で診断された結果、精神発展上の病気であったと診断されるケースも増えてきています。

 

実際にどこまで増えているかは不明ですが、日々時代が進んでいく中で、日本の教育の質も、育児の質も良くしていこうという社会全体の動きがあります。
不適合をその社会の中で起こす子どもが診断されることも多くなってきたためです。

 

例えば、今までは、あまり学校に行かなくても呆れられるだけだった子どもたちや、出来があまり悪くても仕方ないと親に言われてきた子どもたちも多くいました。
しかし実際は、医療機関で診断してみると、そうした発達障害のケースも見られるのです。

 

ADHDなどを発症していると、5分も集中力が続かずすぐに気が散ってしまう、日々の着替えをするなどの生活行動が、集中力が無いためにまともに出来ない、などの症状が出ます。

 

もし、あなたの子どもや身の回りの子供で、そうした気になる症状が出ているのなら、一度医療機関で診断してもらうことをオススメします。
スポンサードリンク