集中力 高める チョコ

集中力を高めるにはチョコが効果的?

スポンサードリンク あなたはチョコをよく食べますか? チョコって甘くて美味しいですよね。 私もチョコレート大好きで、ビター系のチョコをよく食べて幸せな気持ちに浸っています。 さて、そんな私達は何気なく食べているチョコレートって、実は集中力を高める効果があるんです。 カカオから作られるチョコレートには様々な成分が含まれていますが、そこに含まれる成分の中には、集中力を高めてくれる効果があります。 ます初めに、チョコレートに含まれているブドウ糖です。 全体重の2%の重量しかない私達の脳ですが、体全体で使うエネルギー消費の20〜30%くらいを使ってしまうんです。ブドウ糖は、そんな脳が唯一の栄養素としているものなんです。そのため、ブドウ糖を摂取すると、エネルギーがチャージされるので、脳が活性します。 また、チョコレートには、テオブロミンという成分が含まれています。 これは、思考力や記憶力、集中力を高めることで、やる気を出すことができます。テオブロミンは興奮作用がカフェインと比べてずっと弱く、リラックス効果を出す自律神経の調節作用もあります。 スポンサードリンク さらに、チョコにも含まれるカルシウムや、ミネラル、ビタミンも脳が代謝するのには必要となってくる栄養素です。 そんなチョコレートをいつ食べるのが効果的だと思いますか? チョコレートは、食べてから抗酸化作用や血糖値のピークを迎えるのに1時間程度かかると言われていて、その時に集中力も上がります。そして、その2時間後には徐々に低下していきます。 例えば試験中に集中力を上げたいときは、チョコレートを試験開始の1時間前くらいに板チョコの2分の1から4分の1の間を目安に食べます。仮にそれ以上食べてしまうと、眠くなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。 食べるチョコレートの種類も、用途によって若干変わってきます。ミルクチョコレートはカカオマスが十分に入っているので、ブドウ糖やカルシウムを補いたいときに食べます。 ビターチョコレートはカカオマスが多い、かつ、砂糖とミルクが少なめなので、ダイエットの時に食べるのをおすすめです。 チョコレートを食べると、効果的に集中力を上げることが出来ます。 ぜひ集中力を上げたいときに実際に試してみてはどうですか? スポンサードリンク