集中力 食べ物 試験

試験の時に集中力を上げる食べ物とは?

スポンサードリンク

大事な試験の時ってここ一番の集中力を出して、万全の体制で臨みたいですよね。
それこそ入試などでは、集中できるかどうかが合否の鍵になる場合もあります。

 

また、試験前の勉強の時にも、どうせなら集中力を上げて取り組みたいところです。

 

今回は、そんな試験勉強の時や、試験当日に食べると集中力が上がる食べ物をご紹介します。

 

まず最初に紹介するのは、定番と言っていい「カフェイン」です。

 

集中力を上げるためには、眠くなっている脳を覚醒させる必要があります。
アドレナリンやドーパミンがカフェインを摂取することで体内に放出されます。
すると、これらの作用で脳が覚醒した状態になるので、自然と集中力が回復します。

 

カフェインを摂取する方法としては、紅茶やコーヒーが手軽でオススメです。

 

特に、短時間で脳の覚醒をさせたいときは、紅茶を飲むことをおすすめします。
実は、カフェインの入っている量は、紅茶のほうがコーヒーより多いため、紅茶を飲んだ時の方が一気に脳が覚醒します。

 

しかしながら、そこは個人の好みもあると思うので、最終的には好きなモノを選んで飲むようにしましょう。
スポンサードリンク

そして、カフェインによる集中力の効果を長引かせたいときには、糖分を一緒に取ると効果的です。

 

集中した時というのは脳がエネルギーを大量に消費します。
そのエネルギーの元となるのは糖分なんです。

 

ですので、カフェインを摂取するときは、糖分も一緒に摂取すると、比較的長時間集中できるでしょう。

 

カフェインの次に紹介するのは、「低GI食品」です。

 

これは、糖の吸収を適した量に抑えてくれる効果があります。

 

先ほどカフェインと一緒に糖分を摂取することをおすすめしましたが、ただ砂糖を摂取してしまうと、急激に血糖値が上がります。
すると、その時点では集中力が上がりますが、2時間ほどすると、急激に上がった血糖値を体が抑えようとするので、血糖値が急激に下がってしまいます。

 

そうなってしまうと、血糖値が下がると同時に、集中力も下がってしまいます。
さらに、急激な血糖値の変化が体への負担になってしまうため、集中力を持続させるのも困難になってしまいます。

 

そんな時に、低GI食品を食べることで調整してくれます。

 

例えば、果物やそば、玄米などがそれに当たります。
逆に高GI食品というのは、例えば白米やうどんなど、白い色の食べ物になります。

 

ですので、集中力を上げたいときはそれらを避けるようにしましょう。

 

ぜひ今回紹介した食品を参考に、集中力を上げるのに役立ててください。
スポンサードリンク