集中力 トレーニング 座禅

集中力のトレーニングには座禅が効果的だった!?

スポンサードリンク

あなたは、座禅をした経験ってあるでしょうか?
心を落ち着かせて、身動き一つ取らずに精神を集中させますよね。

 

私も中学生時代に受けたことがありますが、次第に足が痛くなったりしてました。
そうなってくると、なかなか動かずにいるのも難しかったのを覚えています。

 

そんな座禅と集中力って実は意外な関係性があるんです。

 

座禅は心を乱さないということが重要な修行です。
精神を乱さず、保ち続けることで精神集中を行っています。

 

そしてこれは、集中力にも当てはまります。
私達は誰しも勉強や仕事で集中できる時間は、個人差はあれど、どうしても限界があります。
ふとした瞬間に、それまで集中していたのに、集中力が切れてしまうこともあります。
そうした集中力が切れる原因は、心が乱れたことです。
スポンサードリンク

例えば、勉強中に目の前の問題ではなく、好きな漫画に気を取られてしまうと、勉強をするという気持ちが乱れ、集中力が切れてしまいます。
スポーツなんかでも、いい調子のまま途中まで行っていても、ちょっとしたきっかけで集中力が切れてしまったがために、残念な結果に終わってしまったという人もいるのではないでしょうか?

 

私達も、せっかく集中力が続いているというのに、心のなかで喜怒哀楽が出過ぎてしまうと、集中力が切れてしまいます。
しかしながら、全く心を動かさないというのも不可能なので、日常生活の間からなるべく平穏な心を保つのには、座禅で練習するのが効果的なんです。

 

感情を完全に抑えることは、私達人間には困難ですが、少しでも頭の中を空っぽにして過ごしていると、感情の振り幅が自然に小さくなっていくので、作業の途中に集中力が切れることも少なくなります。

 

どんなに忙しい人でも、1日5分でも座禅のようにそうした感情を落ち着かせる時間を設けるだけで、自然と集中力は上がってきます。
集中力がすぐに切れてしまうことで悩んでいる人は、ぜひ座禅をして、集中力を継続させて行きましょう。
スポンサードリンク