眠気 集中力 ツボ

眠気を飛ばし集中力を上げるツボとは!?

スポンサードリンク

よく眠気が襲ってきた時に効果的なツボの話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
仕事や勉強の能率を上げるためのツボって有名ですよね。

 

私も高校時代は、授業中にどうしても眠くてしょうがなくなってしまった時などに、そうしたツボを押してやり過ごしていた記憶があります。
やっぱりそういったツボを知ってしまうと、使ってしまいますよね。

 

どんなに健康な人でも、一定時間以上勉強や仕事を続けていると、疲労とともにストレスも溜まってしまい、集中力が下がってしまいます。
そして、仕事をその集中力が切れてしまった状態で続けてしまうと、ミスを連発してしまったり、どうでもいい間違いをしてしまったりするようになり、余計仕事の効率が下がってしまいます。
特に集中力が切れてしまうと、眠気も途端に襲って来ることが多く、眠気と闘いながら仕事をしなければいけない場面もありますよね。

 

そんな時には、適切なタイミングでの休息が、仕事を効率よく進めるには大切です。
休息をとって、体調を整えると、自然と集中力も戻ってきます。
スポンサードリンク

今回は、そんな眠気が襲ってきて集中力が低下してしまった時に、体調を整え、効果的に集中力を回復させるツボをご紹介します。

 

まず最初に紹介するのは、百会(ひゃくえ)という、頭の天辺にあるツボです。
ちょうど、両耳を結んだ線と、後頭部から眉間にかけての線の交差する部分が百会になります。

 

次に曲池(きょくち)と言われるツボです。曲池は親指側の肘の関節部分にあります。
腕を組むフリなどをして押すこともできるので、周りの人にも気付かれずに押すことが出来ます。

 

最後に、胸の中央付近にある、?中(だんちゅう)というツボです。自分の左右の乳首を結んだラインの中間にあります。
圧するときに効果的なのは、深呼吸をしながら押すといいでしょう。押すときは、直接肌の上から押さなくても、服の上からでも効果があります。

 

今回紹介したツボは、仕事や勉強の合間に簡単にできるものです。
集中力がどうしても続かないという人は、休憩がてら、このツボを押してみてはいかがでしょうか?
スポンサードリンク