子供 勉強 集中力がない

勉強で子供に集中力がない時に集中させるコツとは?

スポンサードリンク

子供ってなかなか集中力が続かない時ってありますよね。
特に遊びではなく勉強とかだと尚更集中力がないことが多いのではないでしょうか?

 

私達ですら1時間集中して仕事や勉強するのが難しいのに、子供がそれを行うのはもっと難しいでしょう。
ですが、私達がしっかりサポートすれば、子供たちはしっかりと集中して取り組んでくれます。

 

今回はそんな集中力がない子供を勉強で集中させるコツをご紹介します。

 

子供たちが気が散ってそわそわしている状態は、子供たちが集中力が切れてしまっている証拠です。
授業中でも周りの子供達がそんな状態だと、自分の子供も集中出来ないですよね。
そうした環境では集中力を養うことも難しく、家でのサポートがなければいけません。

 

しかしながら、短時間であれば、どんな子供でも集中できるんです。
勉強では集中できないのに、好きなことをしてる時は呼びかけても気づかないこともありますよね。
つまり、その集中するタイミングをコントロールさえすれば、集中は誰でもできるものです。
スポンサードリンク

例えば、色々なものが描かれた絵本を見せてあげます。すると、子供たちは見たいものをキョロキョロと探していると思います。
その後に、何かこちらから探してほしいものを指定してあげます。
それをしている時は、子供たちも集中して探しますが、あくまでも瞬間的な集中力のままです。

 

そこで、持続時間を長くするには、1度絵本から遠くに視点を移してあげて、その後に再度絵本でこちらから指定したものを探してもらいます。
すると子供たちは、見つけられるまで探そうとします。そうすることで、子供たちはゲーム感覚で集中力を伸ばすことが出来ます。

 

また、2種類の流れている曲を当ててもらう方法も有効です。
例えば、アニメをテレビで見せながら、音楽も一緒に流して、なんの曲を流しているのか当ててもらいます。
こうすることで、視覚と聴覚という2つの異なる感覚を同時に使うようになり、聞きながら探す、読みつつ考える、といった能力を伸ばし、集中力を保つことが出来るようになります。

 

これらは私達がサポートしてあげれば、簡単にできるものです。
ぜひ子供の集中力に悩んでいる親御さんは、子どもと一緒にやってみてください。
スポンサードリンク